このページは、インフォトップで販売中の弊社ツール

Access-Getter(アクセスゲッター)

に付属の特典マニュアル

アドセンスマックスに特化した解説ページです。

あなたが、まだアクセスゲッターをご存知無ければ、下記より正規ページをご覧くださいませ。

 

アクセスゲッターの詳細はこちら

 

 

アドセンスマックスとは?

 

 

みつおです。

 

当ページへアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 

早速新ツール、アクセスゲッターの説明をしたいところですが、今このページをご覧になっているあなたが、アドセンスマックスに関するボクのブログ記事を、全てお読みになっているとは限りません。

 

つまり、現状アクセスゲッターは、ボクのオリジナルノウハウ、アドセンスマックスの実践を最優先に考え製作したものであることを、ご理解いただいているか?ボクにはわからないということです。

 

そこで今一度、アドセンスマックスについて、ここでご説明させて下さい。

 

アドセンスマックスとは、現在も販売中である弊社アフィリエイトツール「スパイダー」を用いた、アダルトアフィリエイトノウハウ(セクシー女優名キーワードSEO)を、更に練り直したノウハウになります。

※弊社企画・みつおゼミ参加者さまへのみ、現在ご提供しています。

 

そのきっかけになったのは、2021年7月にリリースされた、田嶋式シークレットSEO(販売価格59,800円)という、SEOノウハウをボクが手にしたこと。

 

これにより、アクセスのマネタイズに関する発想が、ボクにひとつ加わりました。

 

具体的には、アクセスを集めるサイト(入口サイト)と、キャッシュポイントサイトを別にする、という発想です。

 

その為、既存のアダルトノウハウでは、報酬を得るための❝成約❞という概念(ハードル)が、常に足かせとなっていましたが、それを取り払うことが出来ました

 

なぜか?

それはキャッシュポイントを、アクセスされるユーザーの商品購入、及び無料登録などから得る成果報酬を、クリック報酬(アド広告)に変更したのです。

 

このことにより、日々量産していくサイトのコンテンツを検証する必要がなくなり、作業はアクセスを集めることだけに集中出来るようになりました。

 

その結果、実践開始から半年ほど経過している方からは、このようなご報告をいただいています。

 

みつおゼミ2期生Mさんの実績ご報告メール

 

そして今回、このアドセンスマックスで得る報酬を、更に加速させるツールを開発しました。

 

それがアクセスゲッターです。

 

新規サイトでも

WEBからアクセスを❝奪取❞する

アクセスゲッター

 

 

アクセスゲッターの役割。

 

それは、アドセンスマックスにおける入口サイトを、HTML形式で作成(量産)することです。

※既存のノウハウはワードプレス形式

 

1度の処理で、最大5万記事を生成するポテンシャルを誇りますので、1サイトでほとんどのセクシー女優名を網羅することも可能です。

 

更に、アクセスゲッターで作成するサイトは、只のサイトではありません。

 

田嶋式シークレットSEOのエッセンスを、色濃く踏襲したサイトを生成します。

 

具体的には、下記2点がそれにあたる部分です。

 

  • 内部リンクが充実したサイト構成
  • 記事コンテンツのボリュームを確保したサイト

 

この2点に

 

  • 準特異種ドメインの活用

 

こちらを加えることにより、公開後間もないサイトから、このようなアクセスが来ています。

 

 

7日間で479アクセス。

 

これらは、ユーチューブもツイッターも使わず、純粋に検索エンジンからのアクセスのみ。

 

しかも全て新規で立ち上げたサイト群(1万記事サイト×20)へのアクセスです。

 

この結果から、あなたにも田嶋式シークレットSEOの威力と共に、アクセスゲッターの性能もご理解いただけるのではないでしょうか?

 

しかし、ここまでお読みいただいたあなたは、こんな不安を抱いているかも知れません。

 

操作が難しいんじゃない?私に使えるかなあ…

 

確かに、いくら性能が高いツールでも、あなたがそれを使いこなすことが出来なければ、意味がありません。

 

そこで、続いてアクセスゲッターの操作方法について、解説していきます。

 

 

アクセスゲッターの操作は

99%マウス操作だけ

 

こちらがアクセスゲッターの操作画面です。

 

 

まずは左上の変数設定タブを押し、初期設定を行います。

 

変数設定(初期設定)

 

ここでは、サイトのコンテンツが、下記のように変換されるよう、各ワード(フレーズ)が記載されている付属のリストを登録します。

 

  • [#01]⇒キーデータの女優名
  • [☆01]⇒プレイ(フェチ)ワード
  • [☆04]⇒シチュエーションワード
  • [☆05]⇒コスチュームワード

 

変数設定画面

 

尚、今回の先行販売に際し、”PSW_ver.2”を併用せず、アクセスゲッターだけで作業が完結できるように、データを用意しました。

 

その為、この初期設定で登録するファイル数が、以前より多くなっております。

(概ね70ファイル程)

 

但し作業は最初の1回だけであり、全てクリックだけの作業ですので、実施して下さい。

※作業は10分程度で完了すると思われます。

 

さて、初期設定が完了すれば、サイトが作れる状態になります。

 

アクセスゲッターは、下記3つの項目を指定することで、サイトが作成出来ます。

 

  • キーデータ
  • タイトル・記事導入部(リード文)
  • HTML置換

 

それぞれ解説していきましょう。

 

キーデータ指定

 

下図、赤枠の部分をプルダウンで指定します。

 

 

アクセスゲッターは、キーデータに記載されている数だけ、記事を生成します。

 

デフォルトで1万名の女優名×5、そしてそれを結合したtotalリストをお渡ししますので、任意で使い分けて下さい。

 

タイトル&記事導入部(リード文)

 

 

変数設定で記憶した置換文字を含めたタイトル、及び記事導入部(リード分)を記述することで、1ページずつ異なった記事を生成出来ます。

 

タイトル、リード文ともに、デフォルトでサンプルをお渡ししますので、まずはそちらをコピペしてご利用下さい。

 

HTML置換

 

 

SEO対策として、HTMLサイトの構築に必要な、メタキーワードやディスクリプション、そしてH1~H4までの見出しを設定します。

 

また、それ以外にも「しっかりとした組織が運営している」と、検索エンジンにアピールすべく、ダミーの運営元情報を記載します。

 

多少面倒かも知れませんが、ここは必ず実践しましょう。

 

とはいえ、実際にはここも作業は簡単です。

 

まずサイト作成のたびに、必ず変更すべきところは、下図の4か所です。

 

 

但し[$04]は、記事タイトルをそのまま貼り付ければ良いので、実質は3か所の変更で問題ありません。

 

そして、その変更作業というのも、サイトで設定するキーワードをコピペするだけです。

 

アドセンスマックスを実践する際は、最低そこだけ都度設定すれば、アクセスを呼べるサイトになります。

 

なぜなら、ここも変数設定で指定したワード(フレーズ)が、反映するからです。

 

スタートで躓くことが無いように、ここもサンプルデータを用意してありますので、ご活用ください。

 

以上の工程が完了すれば、あとはサーバーにアップロードするだけです。

 

アドセンスマックスは、厳密に言うとアダルトコンテンツが含まれますので、ランニングコストとリスク回避を踏まえますと、レンタルサーバーはアダルト可のmixhostが良いでしょう。

 

新規ドメインでも、間違いなく成果が上がることは確認出来ていますし、中古ドメインとも相性が良いノウハウです。

 

但し、アドセンスマックスでは、卑猥な画像や動画などは一切扱いません。

 

したがいまして、一般的なレンタルサーバーでも、アカウント停止などのペナルティを受ける可能性は、極めて低いとボクは考えています。

 

そこで、あなたが稼ぎを第一に考え、多少のリスクを覚悟されるのであれば、以下に説明する❝準特異種ドメイン❞を提供するサーバーを使う手もあります。

 

レンタルサーバーが提供する

準特異種ドメインの恩恵

 

田嶋式シークレットSEOで使用するドメイン。

 

これを提供者である田嶋氏は、特異種ドメインと表現しました。

 

この特異種ドメインの特徴(メリット)として、下記3点が上げられます。

 

  • サーバーを契約することで、無料で利用することが出来る。
  • 利用する誰もが、同じ恩恵を受けられる(上位表示されやすい)。
  • 他と比較し、ドメインの評価(パワー)が著しく高い。

 

しかし、デメリットとして

 

  • サイトマップ送信によるインデックス促進が図れない。

 

という特性があります。

 

サーバーが提供するサブドメインの、SEOに関する評価は人によりまちまちですが、実際に効果を体感した以上、ボクは優位性を感じました。

 

しかし、この特異種ドメインでは、専用ツール(インデックサー)が無いと、インデックスが図れません。

 

そこでボクは、サーバーが提供している❝その他のサブドメイン❞で、サイトマップ送信が出来る物を探したところ、該当するものが1つありました。

 

これを準特異種ドメインと呼んでいます。

 

この準特異種ドメイン、田嶋式シークレットSEOで使用する、特異種ドメインほどのパワーは持ちませんが、まずまずのパワーを保有しており、実際に効果を感じています。

 

 

先ほどもお見せしました画像ですが、このアクセス推移を見せているサイトは、準特異種ドメインを使用しているものです。

 

このように、あなたがサイト公開後、短期間でアクセスを呼びたい、というお気持ちで臨むのであれば、この準特異種ドメイン(提供するサーバー)をご活用ください。

 

アクセスを❝強制的”に

キャッシュポイントサイトへ

 

どちらのサーバーでも、サイトをアップロードし、概ね1カ月程度経過しますと、表示順位が安定します。

 

サイトをそのまま放置していても、ある程度のアクセスは期待できますが、ここはユーザー(アクセス)次第なので、多くは機会損失を生んでしまうでしょう。

 

そこで、この段階でサイトにひと手間加えます。

 

既存のサイトにメタリフレッシュタグを記載

 

アクセスゲッターで、保存してあるサイトデータを呼び出し、選択ボタンを押すと、サイトのHTMLファイル全てにメタリフレッシュタグが挿入されます。

 

 

数秒で処理は完了しますので、これを既存のサイトデータに上書きします。

 

この工程を行うことで、機会損失を最小限に抑えることが出来るでしょう。

 

アドセンスマックス実践者

アクセスゲッター利用者さまの声

 

 

みつおゼミ参加者さまSさんのコミュニティ書き込み

 

みつおゼミ参加者さまTさんのコミュ書き込み

 

みつおゼミ参加者さまNさんからのメッセージ

 

みつおゼミ参加者Mさんからのメッセージ(再掲)

 

アクセスゲッターの詳細はこちら

 

追伸:当ページについて

アクセスゲッターの販売ページに、アドセンスマックスの詳細情報を掲載しますと、ツールがアダルトカテゴリに分類されてしまう可能性がありますが故、このアドセンスマックス特設ページを用意しました。

ご理解いただけますと幸いです。

 

 

【サイト更新日】2022年12月4日

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

 

Copyright (C) 2022 e-solution Corp. All Rights Reserved.